夫婦

気になる遺言内容

女性

大切な遺産を相続する為の遺言はしっかりとその内容を把握しておく必要があります。故人の気持ちを汲み取り、しっかりとその内容にそう為に専門家が指南することもあるのでとても頼りになるでしょう。

Read More...

専門家に依頼

弁護士

故人からの遺言を取り扱う際には、専門的な知識を兼ね備えている専門家に依頼をしましょう。そうすることによって、快適な解決を求めることができます。遺産相続をすることを決める期日もあるので、しっかりと守れるでしょう。

Read More...

遺言の種類と取り扱い

カップル

遺言によって遺産を相続することになった際には、その遺言の種類を把握していると便利です。遺言の種類によっては、取り扱い方が大きく異なる為です。自分で把握できない場合には、専門家へ依頼をしましょう。

Read More...

相続人がすべき事

握手

自分の家族が亡くなった時に、出てくる問題の1つとして相続の問題があります。相続とは、亡くなった故人が所有していた財産や借金をその家族が受け継ぐことをいいます。家族なら誰でも同じ権利で受け継ぐものではなくその優先順位も法律で定められています。
相続にも種類があります。それは故人の遺言があるかないかによって変わってきます。もし故人の遺言がない場合には、法律で定められている通り妻や子供、その親兄弟が故人の財産を相続することになります。
遺言がある場合には、その遺言の条件が法律より優先されることになります。そこで家族ではなく他の人に遺産を相続して欲しいとあれば、遺産は家族ではなく故人が希望した人に相続の権利が与えられることになりあす。これを遺産相続と言います。

遺産を相続する時にはわからないことも多く戸惑いを感じることもあります。そうした時に弁護士に相談したり、無料相談センターを利用することが出来ます。特に心配なのが故人が借金を残している場合の相談ではないでしょうか。こうした場合にも必ず借金を自分が背負って返していかないといけないわけではありません。
専門家に相談することで、解決方法がわかり借金の責任を放棄することが出来る場合もあるのです。

法定相続以上に優先されるのが故人の意思になります。そこで遺言の効力は大きなものになります。
しかし、遺言はどんな内容や形式でも認められるものではありません。遺言と認められるには、一定の条件や種類があります。その内容はどのようなものなのでしょうか?それらのものを紹介しながら相続について学んでいきましょう。

Copyright ©2016 相続をする際に必要な専門家の存在|故人の気持ちを実現 All Rights Reserved.